労働者文学会ホームページ



トップページ 労働者文学 購読お申込方法 労働者文学賞 活動と入会申込 リ ン ク
 

  労働者文学70号 目次

『労働者文学』第70号 目次

●総特集 3・11大震災・同時多発原発事故とその後

編集前記  村松孝明

「一時帰宅まで」  小島 力
「核の世界史・概略考」  小澤康秀 「私たちは子どもを守りぬくことができるのか!」  谷瀬綾子
「東京電力の事故責任」  増田 勇
「放射能から逃れて来たベラルーシの子供たち」  又邊建二
「韓国から見た東日本大震災と福島原発事故」  平田文夫
「鉢呂元経産大臣と福島第一原子力発電所問題」  すずき・まさあき
「原子力発電賛成へ転向せよ?」  首藤 滋
《書架遣遥》ネヴィル・シュート『渚にて』  木村 和
「原発惨禍・抄」  木村 和
「水俣の老婆」  及川優美子
「帰宅困難者」  新井翠翹
「「落葉」の巻」  御法川均
「一言だけを」  磐城葦彦
「原発が欲しかった」  福田美鈴
「あの日――二〇一一年三月」 金子秀夫
「原発の危機を乗り越えて」  藤川元昭
「缶詰をあける――三月十九日」  田中伸治
「大きな声じゃ言えないが――六月十五日」  田中伸治
「失ったものは」  大岩 弘
「海蘭」  石川和雄
「二〇一五年」  黄 英治
「寄附」  三上広昭
「フッツーな生活」  神田貞三
●川柳特集  甦れ鶴彬
小沢信男・清水克二・岩城葦風・小澤康秀・谷野香仙・松木敬策・山寺博丸・田辺 昌・篠原貞坊・笑い茸

●短歌
「大震災」 中村昇
「東日本大震災」  菊地國子
「今もがれきが」  橋本勝三郎
「東日本大震災」  板橋登美
「無人の街」  三枝邦彦

「逃げ回る人々」  篠原貞治
「あゝ上野駅 亡母(はは)、つぶやく」  清水克二
「敏子のあやまち」  岩見 崇
「海の風は病んだ」  畑島 剛

●会員の本の紹介
中村昇歌集『阿吽』  谷野耿太郎
登 芳久著『定本 鵙』  天野皎四郎

表紙 コラージュ「ウンコのゆくえ」  中里 有
Copyright © 2008 無料ホームページ制作講座 All rights reserved.
by 無料ホームページ制作講座
←労働者文学に戻る