労働者文学会ホームページ



トップページ 労働者文学 購読お申込方法 労働者文学賞 活動と入会申込 リ ン ク
 

  労働者文学76号 目次

『労働者文学』第76号 目次

表紙コラージユ「不透明」中里 有 カツト 「?」 TAKUYA

□編集前記 村松孝明

□結成三十五周年企画座談会
労働者文学のこれからに向けて ――労働者文学のアイデンティティとは何か
出席者 青木実(司会)・神田貞三・磐城葦彦・高橋省二 記録=加野康一

□評論・ルポ
私見・労働者文学      黒古一夫
歴史の岐路と文学 ――労働者文学の未来へ    小林孝吉
歴史文学から何を学ぶか    牧子嘉丸
自立できる賃金アップを ――女性が当たり前に働くために 沢村ふう子
『わが涙滂々』現地探訪ツアーまで    小島 力

□ 詩
   気がつけば  大岩 弘
旅立ち 磐城葦彦
青大将 新井翠翹
未来の人びとへの贈り物  木村 和

□創作
五月終りと河川敷 剣  眞
春一番 土田宏樹
名古屋郵政局高松寮 増田 勇
幻々堂日記 3  神田貞三
鏡の国々 黄 英治

□労働者文学賞2014〈小説部門〉佳作
  翼は折れない 脇田恭弘

□労働者文学会 略年表 中村 昇編

□短歌  中村 昇/菊地國子/梁島ケイ子/三枝邦彦

□川柳    笑い茸

□会員の本の紹介   小林孝吉著『椎名麟三の文学と希望』   磐城葦彦
木下昌明著『〈いのち〉を食う』  村松孝明

□労働者文学会綱領
□労働者文学賞のさらなる発展へ  清水克二

□ 編集後記
Copyright © 2008 無料ホームページ制作講座 All rights reserved.
by 無料ホームページ制作講座
←労働者文学に戻る