労働者文学会ホームページ



トップページ 労働者文学 購読お申込方法 労働者文学賞 活動と入会申込 リ ン ク
 
 






 

  代表幹事挨拶

             新たな決意を持って

 この年の4月初めに総会を開催、「2017年度の活動方針」を確認しました。
 新体制として幹事(特別幹事を含む)15名で取組むことも決定し、それぞれの
役割分担のもとで、次の三つを主要な柱に、かかげました。

 一つは「労働者文学賞」の継続、
 二つは「評論分野の充実」、
 三つは「組織の拡充」

 会員・賛助会員の新加入はなかなか実現しきれないので「労働者文学賞」の
応募者への呼びかけや、内外の組織活動の強化で実効性を挙げようと意思統一
したところです。
 幸いなことに、このたびの「労働者文学賞」の入選は、小説、評論、詩の三部門とも
優れた作品が選ばれましたから、これを契機にしてさらに発展することが期待されます。
 このように新たな決意のもとで対処しますから、ぜひ多くの方々のご理解とご協力を
得たいと切望します。よろしくお願いします。

                      「労働者文学」 代表幹事 磐城葦彦

                                                 
 

  労働者文学会紹介

雑誌『労働者文学』を定期刊行し、2014年には創立35周年を迎えた、労働者の文学組織。
ジャンルは、小説、ルポルタージュ、評論、戯曲、詩、短歌、俳句、川柳など。
毎年「労働者文学賞」応募作品を募集している。
 
 

  沿      革

1979年 2月 総評傘下の労働組合・文学サークルの参加者を中心に「労働者文学会議」結成
     6月『労働者文学』創刊号を発行
1980年   『労働者文学作品集(T)』を刊行
1981年   『労働者文学作品集(U)』を刊行
1995年   『労働者文学作品集』(結成15周年記念)を刊行
2004年   『労働者文学作品集(W)』を刊行
2006年   組織名を労働者文学会に改称
2017年   『労働者文学』第81号を発行  
 
by 無料ホームページ制作講座